pagetop

がん保険の仕組みって?

がん保険の内容は、各保険会社ごとに違いがあります。
その内容を見ていくことも大切ですが、その前に実際の保障の開始時期はどのようになっているのかみていきましょう。

一般の医療保険は、その保険に契約したことが確認できた時点から保障が始まっていきます。しかしがん保険はそうではありません。
がん保険には待機期間といわれる時期があります。契約を完了させていても保障をしてもらえない期間のことです。

その期間は3ヶ月となっています。
決まっているわけではありませんが、この3ヶ月というのがほぼ一般的になっています。この期間にがんと診断された場合には、残念ながら保障を受けることができないのです。

これは自覚症状がないことで、既にがんにかかっている人ががん保険に入ってしまうケースを防ぐためです。
保険に入った直後の診断でがんだった、発病していたことがわかったということも考えられます。
このような人達からの請求を避けるための期間が3ヶ月で、公平性を持たせるためにこの日数があるのです。

がん保険での待機期は、様子をみる期間でもあって加入者それぞれを公平なものにするためのものになっています。
給付される金額も保険会社によって違いがあります。
がんと診断されたとき100万円ではありますが、条件の違いもあり同じ100万円でも上皮がんには適応されない場合や上皮がんでは10万円の支払いになってしまうなどありますので、内容の確認はしっかりしておきましょう。

新着情報

【2017年01月19日】 ホームページを更新しました

ページの先頭へ戻る